アルバニア 肝斑

アルバニアは肝斑に効果があるの?

アルバニアホワイトニングクリームについて調べている人は、シミやくすみが気になっている人が100%ではないでしょうか。

 

でもそれ以外にも、肝斑が気になっている人もいるのでは。

 

ある程度の年齢がいくと現れてくる肝斑、お肌を暗く見せている原因のひとつですよね。

 

実は、アルバニアホワイトニングクリームには肝斑に聞くという噂もあります。

 

その秘密は、配合されているトラネキサム酸にあるとか。

 

もしアルバニアホワイトニングクリームのトラネキサム酸がシミにもくすみにも、肝斑にも効くのなら、こんなに嬉しいアイテムはありませんよね。

 

では、アルバニアホワイトニングクリームは本当に肝斑に効くのか、トラネキサム酸の効能も合わせて見てみましょう。

 

トラネキサム酸とは

 

そもそも、トラネキサム酸とは一体どんな成分なのでしょう。

 

化粧品ではなく薬や歯磨き粉なので、その名前を見かけたことがある人もいるかもしれません。

 

それもそのはず、トラネキサム酸は止血作用や抗炎症作用がある成分として知られている成分です。

 

1979年に肝斑の改善に効果があると報告されてからは、肝斑の治療にも使われるようになりました。

 

ではトラネキサム酸がいったいどのように肝斑にアタックしてくれるのか、メカニズムを調べてみましょう。

 

トラネキサム酸の効果

 

肝斑ができる原因には、女性ホルモンの影響があると考えれています。

 

ですが、トラネキサム酸は女性ホルモンに直接働きかけて肝斑を改善する成分ではありません。

 

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑える働きがあり、その作用が美白効果につながるということ。

 

シミやくすみをはじめ、肝斑や老人性色素斑、そばかす、傷などの色素沈着にも効果が期待できるようです。

 

皮膚科ではじんましんや湿疹の治療にトラネキサム酸を処方することもありますが、シミの治療に応用されることもあるのだとか。

 

トラネキサム酸の美白効果には、期待ができそうですね。

 

アルバニアホワイトニングクリームのもうひとつの主成分

 

アルバニアホワイトニングクリームにはトラネキサム酸のほかにも、美白効果のある成分を配合しています。

 

それが、グリチルレチン酸ステリアル。

 

グリチルレチン酸ステリアルは漢方薬によく使われる、甘草の根や茎がら抽出した成分を元につくられている薬用美白成分。

 

こちらの成分はにきびなどの肌トラブル改善に期待ができます。

 

トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステリアルの2つが、肌トラブルを防いで、透明感のある美肌へと導いてくれるのです。

 

まとめ

 

トラネキサム酸の配合されたアルバニアホワイトニングクリーム、期待が高まってしまいませんか?

 

シミやくすみには効いても、肝班には効かないという化粧品は多いですよね。

 

アルバニアホワイトニングクリームひとつで、いろいろな肌トラブルが改善できるのは嬉しいポイント。

 

透明感のある美肌も夢ではないかもしれません。

 

>>アルバニア(Albinia)の詳細はコチラ