くすみ お手入れ

肌のくすみのお手入れの仕方ってどんな方法があるの?

肌のくすみを改善するためにはお手入れをすることがとても大切になるのですがどうやってお手入れをすればいいのかとても気になるところですよね。

 

そこで今回は、肌にくすみケアのお手入れの仕方について紹介をします。

 

これから肌のくすみケアを考えている方は是非参考にしてください。

 

【肌のくすみケアどのように行えばいいの?】

 

肌のくすみと一言で言ってもくすみの種類によってお手入れの仕方は変わってきます。

 

くすみの原因に合ったお手入れをするようにしましょう。

 

〈メラニンくすみのお手入れの仕方〉

 

メラニんが原因でできてしまったくすみは、効果的な美容成分が含まれた化粧品を使ってくすみのケアを行いましょう。

 

〈乾燥くすみのお手入れの仕方〉

 

肌の乾燥が原因で肌がくすんでしまった場合は、肌の保湿を心がけましょう。

 

セラミドやコラーゲンなどの潤い成分の入った化粧品を使って肌のケアを行いましょう。

 

注意は必要なのは、肌の保湿を化粧水のみで行おうとする人もいますが、化粧水のみでは肌を十分保湿することができないので、化粧水で肌をケアした後は必ず美容液やクリームを肌に塗ってしっかり保湿を行いましょう。

 

洗顔後の保湿はとても大切なことですが、乾燥肌の人は、洗顔方法も大切になります。

 

肌の汚れをしっかり取ろうとして顔を洗いすぎるのも乾燥肌になってしまう原因の1つです。

 

洗顔をおこなう時は、洗い過ぎないように注意をすることも乾燥が原因のくすみ肌には大切なことです。

 

〈血行不良による青ぐすみのお手入れの仕方〉

 

血行不良による青ぐすみのケア方法は、顔のマッサージをして血行をよくするケアを行いましょう。

 

ただマッサージを行う時に注意が必要です。

 

闇雲に強めみマッサージをしてしまうと肌を刺激してしまうことによって別のトラブルが起きる可能性もあります。

 

だから顔もマッサージを行う時は、必ずクリームを使って顔を優しくマッサージするようにしてください。

 

他にも血行不良によるくすみは、普段の運動不足が原因となっていることがあるため、普段の生活習慣を見直すことも大切になります。

 

〈汚れが原因になるくすみのお手入れの仕方〉

 

古い角質などが肌に蓄積されてしまった汚れが原因で肌がくすんでしまっている場合は、ケミカルピーリングを使った方法で、肌のケアを行うことをオススメします。

 

ただ、ピーリングを行なった後はしっかり保湿を行うようにしましょう。

 

ピーリング後は、肌が敏感な状態になっているためしっかり保湿を行わないとあとあと肌のトラブルに繋がってしまう可能性が出てきてしまうので注意してください。

 

心配な方は医療機関を受診して行うようにしましょう。

 

〈糖化による黄くすみ茶くすみの肌のお手入れの仕方〉

 

糖化が原因で起こるくすみは、たいていの場合食生活が原因で起こることが多いです。

 

自分の食生活を1回見直すようにしてみましょう。

 

〈濃い産毛くすみの肌のお手入れの仕方〉

 

濃い産毛によるくすみの場合は、カミソリを使って産毛を剃毛してケアをしましょう。

 

ただカミソリを使う場合は、何度も行うとカミソリの刃で肌を傷つけてしまう危険があり、そこからトラブルに発展してしまう可能性もあるので気をつけて行うようにしましょう。

 

もし自分でケアをする自信がなければ、医療機関を受診してケアをしてもらうことをオススメします。

 

【まとめ】

 

肌のくすみと一言で言っても原因の種類によってはお手入れの仕方も随分変わってきます。

 

自分の肌のくすみは何が原因かしっかり確認をした上で肌のお手入れを行うようにしましょう。