くすみ 種類

くすみの種類って何があるの?

年を取ると若い頃は肌もそんなにくすんでいなかったはずなのにだんだん気になるのがお肌のくすみですよね?

 

でも実は一言でくすみと言ってもくすみには原因も全然違うし種類もたくさんあるって知っていましたか?

 

くすみのケアをするのならしっかりくすみの種類を知らないと間違ったケアをしてしまい、くすみを酷くしてしまう可能性だってあります。

 

そうならないためにも今回はくすみの種類について紹介します。

 

これからくすみのケアをしたいと思っている方は是非参考にしてみてください。

 

【くすみの種類ってどんなものがあるの?】

 

〈メラニンが原因のくすみ〉

 

まず最初は、メラニンくすみです。

 

このメラニンくすみができてしまう原因には、紫外線を浴びると肌が紫外線のダメージから守るためにメラニンが作り出されます。

 

日焼けをし過ぎてしまうと、肌がかぶれたり、炎症を繰り返してしまい、最終的にメラニンが過剰に作られてしまうことからそのメラニンが肌に定着してしまって、くすみやシミのトラブルになってしまうくすみをメラニンくすみと言います。

 

〈乾燥が原因のくすみ〉

 

肌が乾燥してしまうことが原因で、肌の細胞が水分不足になってしまい、肌がくすんでしまう状態です。

 

〈血行不良が原因の青くすみ〉

 

血行不足になると新陳代謝が悪くなってしまい、肌の赤みが失われてしまいます。

 

そして肌がくすんで見えた状態が血行不良が原因で起こる青くすみなのです。

 

〈汚れが原因のくすみ〉

 

毛穴に詰まった汚れや古い角質によって肌がくすんで見える状態です。

 

〈濃い産毛が原因のくすみ〉

 

濃い産毛が原因によって角質層での光の反射が妨げられることが原因で肌がくすんで見える状態です。

 

〈糖化による黄ぐすみ、茶具ぐすみによるくすみ〉

 

糖化とは、体内の糖質がタンパク質と結びついたことによって体にダメージを与えて、茶くすみ黄くすみを引き起こしてしまう状態です。

 

一言くすみと言ってもこれだけの種類があるのです。

 

くすんでしまう原因も色々あるので、例えば乾燥が原因のくすみのケアを産毛が原因でくすみのケアをした場合何の意味もありませんよね?

 

意味がないどころかもし肌に合わないケアをしてしまったら、くすみの状態を悪化させてしまう可能性も出てきてしまいます。

 

そんなことにならないためにもそのくすみの原因にあったケア方法を行って美肌を手に入れるようにしましょう。

 

【まとめ】

 

肌のくすみと一言で言っても種類が色々あるのです。

 

くすみの種類には、メラニンくすみ、乾燥くすみ、血行不良くすみ、汚れくすみ、産毛が濃いくすみ糖化による茶くすみ、黄ばみくすみなどの肌がくすんでしまう原因も様々あります。

 

自分は何が原因で肌がくすんでしまったかを調べて、どういったケアをすればくすみの原因が解決できるかをしっかり見極めた上で肌のケアを行うようにしましょう。

 

しっかり自分にあったケアを行うことで肌のくすみを改善して憧れの美白を手に入れることができるのです。