シミ 日焼け

日焼けとシミの意外と知らない関係性とは!?【対処法も解説】

日焼けをするとシミが出来てしまいますね。

 

この日焼けとシミは切っても切れない関係で、シミの話をするには、日焼けの話も欠かせません。

 

そんな日焼けとシミの関係と、日焼けが原因でシミが出来てしまったときの対処方法をご紹介します。

 

日焼けとシミの関係

 

昨今、シミの一番の原因は「紫外線」と言われています。

 

どういうことかと言えば、紫外線に当たりすぎるとシミの原因となるからです。

 

日焼けをすると、お肌にメラニン色素が増えてゆきます。

 

このメラニン色素が日焼けで肌が黒くなる原因なのですが、同時にお肌を紫外線の刺激から守ってくれるのです。

 

そして、紫外線からお肌を守るという役目を終えてお肌に不要となったメラニン色素は、やがてお肌のターンオーバー(新陳代謝)によって肌から剥がれ落ちてゆきます。

 

日焼けの後に皮がむけるのはお肌のターンオーバーによってお肌が生まれ変わったからなのでその時むけてしまった皮がメラニン色素なのです。

 

お肌のターンオーバーは28日周期と言われていますが、加齢に伴ってこの周期は40〜50日とどんどん伸びてゆきます。

 

この周期が乱れてしまったり、あるいはターンオーバーでメラニン色素が正常に肌から落ちきれなかったり、また、急激に日焼けをしすぎてメラニン色素が大量にお肌に存在していますと、お肌がメラニン色素を排出しきれずに、お肌にメラニン色素が残ってしまいます。

 

そのお肌に残ったメラニン色素が、数か月、あるいは数年溜まってシミとなって現れるのです。

 

お肌を紫外線から守るためにあるメラニン色素が、歳を重ねた後お肌を汚す存在になるなんて、ちょっと皮肉ですよね。

 

日焼けシミの対処法

 

日焼けによるシミは、別名「老人性色素斑」と言われています。

 

「老人性」などというと、高齢になってからの病気? と思われがちですが、10代や20代の方にもシミはできます。

 

加齢に伴って出やすくなるのでこんな名前が付いたのでしょうか?

 

そんな日焼けによるシミを、病院や薬に頼らずに自然に治す方法はあるのでしょうか?

 

実はあるのです。

 

前の「日焼けとシミの関係」でもお話ししましたが、お肌はターンオーバーによって新しいお肌に生まれ変わりますので、お肌のターンオーバーさえちゃんとしていれば、日焼けをしてもシミになることなく元通りになるのです。

 

お肌のターンオーバーを自然に正常化させるには、こんなことが大切です。

 

  • 睡眠時間をしっかりとる事
  • 美肌やお肌に効果的なビタミンA,C,Eをしっかりと取る
  • 日頃からお肌の保湿をしっかりとする

 

また、ストレスを感じるとお肌のターンオーバーが乱れるので、特に生理中はストレスをためないように注意が必要になります。

 

そして、もう一つ大切な事があります。

 

それは、紫外線からお肌を守る事、です。

 

紫外線によって、シミの原因となるメラニン色素が増えます。

 

ですので、日頃から紫外線対策を心掛けましょう。

 

まとめ

 

日焼けとシミの関係と、日焼けシミの対処方法、いかがでしたでしょうか?

 

日焼けとシミ、切っても切れない関係ですが、日焼けによって発生したメラニン色素はお肌のターンオーバーによって消えてしまいます。

 

そのターンオーバーも、お肌を健康に保てば正常になってゆくものです。

 

日頃からお肌を健康に保ち、シミが出来にくい健康なお肌になりたいですね。