シミ 遺伝

シミは遺伝するって本当?その謎に迫る!

歳をとるにしたがって、お肌のシミがとても気になりますよね。

 

シミは、紫外線とメラニン色素が原因と思っていませんか?

 

ところが、それだけではなく、実はシミも遺伝するといわれています。

 

今日は、シミが遺伝するのは本当なのか、その遺伝のメカニズムについて調べてみました。

 

シミは遺伝するの?

 

シミそのものの原因は、紫外線によって増えたメラニン色素が、お肌のターンオーバーで抜け切れずお肌に残り、それがたまったものがシミになりますので、若いうちよりも歳を重ねるにしたがって出てきやすくなります。

 

「なーんだ!遺伝なんて関係ないじゃん!」

 

そう思いますが、実は、遺伝要素が全くないわけではないのです。

 

確かにシミそのものは遺伝しませんが、シミになりやすい体質かどうかは遺伝するのです。

 

ですから、親がシミだらけの顔の方は、もしかしたらあなたが親と同じくらいの年齢になったとき、同じようにシミだらけになってしまうかもしれません。

 

そうなる前に、しっかりとシミ対策をしておきましょう。

 

シミが出来やすい”シミ体質”は遺伝するの?

 

それでは、シミが出来やすい体質とはどういった体質なのでしょう?

 

シミは紫外線とメラニン色素が原因で出来るのですが、メラニン量と関係がある肌の色や、シミが出来やすさに関係しているDNAは遺伝します。

 

肌の色は、メラニンやヘモグロビンの量で決まっていて、お肌にメラニン色素が多ければ多いほど肌の色は濃く見えます。

 

色黒に見えてしまう原因のメラニン色素ですが、メラニン色素にはお肌を紫外線から守る働きがあるので、肌が黒い人は、肌が本来持つ紫外線防御能力がとても強く、紫外線を浴びてもダメージは少ないため、シミが出来にくい肌なのです。

 

また、紫外線によってダメージを受けたお肌をDNAが回復させるのですが、その回復力が強ければ強いほど、シミになりにくいのです。

 

この肌の色とダメージを回復させるDNAの強さは、親から子へと遺伝します。

 

色白な親から生まれた子供は、色白な人が多いのは、肌の色が親から子へと遺伝しているからです。

 

色黒の人も同じです。

 

また、色白な肌の人が紫外線に当たるとお肌が真っ赤になってしまうのは、紫外線に当たってもメラニン色素が発生せず、紫外線のダメージに弱く、また、DNAによる回復力も弱いためで、シミが出来やすいといわれています。
キレイな色白な肌は、そうでない色黒の方から見たら「肌が白くてきれいでうらやましい!」の一言に尽きますが、実は色黒の人以上にシミ対策をしないと、シミだらけになってしまうのです。

 

そして、こういったシミになりやすい体質・・・お肌の色やDNAの回復力は、遺伝するのです。

 

まとめ

 

シミになりやすい体質は遺伝しますので、親がシミだらけの時は、早いうちからシミ対策をした方が良いかもしれませんね。

 

日頃から紫外線に気をつけて、お肌の修復力に効果のあるビタミンCを多めにとって、お肌をいたわってあげましょう。

 

また、シミ予防やだけではなく、出来てしまったシミも早いうちにケアするようにしましょう。