シミ メイク

シミを隠す上手なメイク術を解説!

シミで悩んでいる方は、メイクの時も悩みのタネなのではないでしょうか?

 

シミを隠そうとするあまり、厚ぼったいメイクになってしまう、なんて方は多いかもしれませんね。

 

実は、シミを隠すメイクにはちょっとしたコツがあるのです。

 

今日は、誰にでもできる、シミを隠すメイクのコツをご紹介したいと思います。

 

コンシーラーだけではNG

 

さて、多くの女性が、シミを隠すのに「コンシーラー」を使っていると思います。

 

けれど、コンシーラーだけで隠そうとすると、どうしてもその部分だけが厚塗りになってしまってうまくシミは隠せません。

 

シミを隠すメイクのポイントは、まずファンデーションを使って自然にシミを薄くして、それでも目立つシミをコンシーラーで隠すようにすると、自然にシミが目立たないメイクとなります。

 

ファンデーションにこだわってみよう

 

メイクでシミを隠すなら、まずファンデーションにこだわってみましょう。

 

ファンデーションを、カバー力の強いリキットタイプのファンデーションに変えるだけでも、シミは目立たなくなりますよ。

 

そして、ファンデーションを選ぶときは、あなたの肌の色に合ったファンデーションの色を選びましょう。

 

そして、まずはファンデーションを使ってシミが薄くなるようにメイクしてみましょう。

 

ファンデーションでシミがきれいになれば、コンシーラーは必要ありません。

 

コンシーラーの使い方

 

ファンデーションでシミを自然に薄くして、それでもまだシミが目立つのであれば、ここで初めてコンシーラー登場です。

 

コンシーラーは部分ファンデーションともいわれていますね。

 

スティックタイプやリキットタイプ、クリームタイプがあって、使い勝手も様々です。

 

中でも、シミを隠すカバー力が一番強いのは「スティックタイプ」のコンシーラーです。

 

ただし、スティックタイプのコンシーラーを使うとメイクが厚塗りに見えがちですので、使うときには十分注意してください。

 

シミを隠すときに使うコンシーラーは、色にも注意が必要です。

 

シミを隠すメイクに使うコンシーラーはファンデーションよりも若干低い色を選びましょう。

 

シミを隠す場所に明るい色のファンデーションを使うとその部分だけ浮いて見えて見栄えが悪いからです。

 

さて、シミを隠すのにちょうど良いコンシーラーが手に入ったなら、早速使ってみましょう。

 

使い方のポイントは、この二つです。

 

・一度にたくさんつけずに、ファンデーションを塗った後、目立つシミの部分に、少しずつ乗せてゆく感じで丁寧につけてみましょう

 

・コンシーラーをつけたら、ファンデーションとコンシーラーの境界線をなじませるようにぼかすときれいに仕上がります。全体をぼかしてしまうとぼやけたメイクになってしまいます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

コンシーラーだけではなく、ファンデーションも使うと、シミが目立たない自然なメイクになるのですね。

 

それだけではなく、コンシーラーやファンデーションにこだわるのも、シミを目立たない自然なメイクのポイントなのですね。

 

ファンデーションやコンシーラーを買うときは、もっと厳選して選んでみるのも良いかもしれませんね。