トラネキサム酸 ビタミンC

トラネキサム酸とビタミンCの美白効果はどこが違うの?

美白化粧品に配合されている美白成分と言えば、トラネキサム酸とビタミンCです。

 

両方とも安全性が高く、日本で認可されている成分です。

 

では、トラネキサム酸とビタミンCの美白効果はどこが違うのでしょうか?

 

ビタミンCの美白効果とは?

 

ビタミンCとは

 

水溶性ビタミンの1つで、化学名は「L−アスコルビン酸」と言われます。

 

ビタミンCはタンパク質の生成に必要不可欠な栄養素です。

 

人間の身体のほとんどがタンパク質で作られているので、タンパク質が生成されなければ、身体が徐々にボロボロになってしまいます。

 

そうすると、皮膚や粘膜の炎症や貧血、爪や歯の変形、骨の変形などの異常が起こる「壊血病」を発症してしまいます。

 

ビタミンCは、体内では生成できないので、外部から取り込まないと不足していくので、野菜や果物等の多くの食品から摂取します。

 

一般的な食生活を送っていると、現代では壊血病を発症することはほとんどありません。

 

しかし、まだビタミンCが慢性的に不足している方も多いようです。

 

ビタミンCの美白効果

 

ビタミンCは美白効果が高いと言われています。

 

理由として、ビタミンCが肌細胞の原料のコラーゲンの生成を助けてくれます。

 

新しい肌細胞が生まれると、古い角質とともにメラニンを一緒に排出してくれます。

 

それで、シミやそばかすが薄くなる効果が出てくるのです。

 

ビタミンCは、メラニンの生成を抑える効果もあるので、予防にもなります。

 

ビタミンCの注意すること

 

ビタミンCは副作用もなくて、安全性の高い成分です。

 

しかし、美白効果が高いからと、過剰摂取をしてしまうと下痢の症状が出る原因になります。

 

ビタミンCが配合されている化粧品でも、過剰に塗り込んでも、逆に乾燥肌にになる可能性があります。

 

節度ある範囲でビタミンCを摂取するように注意してくださいね。

 

トラネキサム酸とビタミンCの美白効果の違いは?

 

トラネキサム酸は、人工的に作られたアミノ酸の1種です。

 

美白効果は、シミやそばかすを改善するというより、予防がメインなのです。

 

美白効果と共に止血作用があるので、脳梗塞などの病状を抱えてる方や高齢者の方は、かかりつけ医に相談してください。

 

トラネキサム酸とビタミンCを併せて使用することは可能です。

 

シミやそばかすを改善するビタミンCと予防をするトラネキサム酸を併せることで、相乗効果が生まれてより効果的な美白ができるのです。

 

まとめ

 

ビタミンCは、日常生活で摂取できる私達に身近な美白成分です。

 

多くの美白化粧品に配合されているトラネキサム酸と併せることで、改善と予防が同時にできて、美白効果がアップします。

 

アルバニアホワイトニングクリームには、高濃度のビタミンC誘導体が配合されているので、これ1本で改善と予防ができます。

 

アルバニアホワイトニングクリームを塗ることで、肌のターンオーバーと新陳代謝をアップしてくれます。

 

アルバニアホワイトニングクリームの公式サイトでは、アルバニアホワイトニングクリームの使い方や効果が詳しく説明をしていますよ!

 

>>アルバニア(Albinia)の詳細はコチラ