トラネキサム酸 副作用

トラネキサム酸には副作用があるの?副作用の危険性は?

アルバニアホワイトニングクリームに入っているトラネキサム酸には、美白効果があり、薬用美白化粧品に昔から使用されています。

 

そんなトラネキサム酸には副作用があるのでしょうか?

 

そこで、トラネキサム酸には副作用や危険性があるのか、調べてみました。

 

トラネキサム酸には副作用があるの?

 

アルバニアホワイトニングクリームに入っているトラネキサム酸は、抗炎症作用や止血作用がある肌荒れ防止効果抜群の有効成分です。

 

1979年にシミ・そばかすの改善が報告されてから、現在まで美白効果のある化粧品に使用されています。

 

トラネキサム酸の副作用ですが、比較的副作用が少ない成分と言われていて、危険性はないようです。

 

ただ、人によっては発疹や発熱、かゆみ等の症状が現れることもあるので、様子を見ながら使用してください。

 

トラネキサム酸は、止血作用もあるので、脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎などの疾患がある方は、かかりつけ医に相談してください。

 

妊娠・授乳中の方もかかりつけ医や薬剤師さんに相談してくださいね。

 

もしトラネキサム酸の副作用を心配するようでしたら、まず化粧水にトラネキサム酸が配合されたものを利用してみてください。

 

その後にもっと高い効果が欲しい方は、薬用ホワイトニングクリームである「アルバニアホワイトニングクリーム」を使うことでより高い効果が現れると思います。

 

トラネキサム酸には副作用があるの?

 

アルバニアホワイトニングクリームには、トラネキサム酸とグリチルリチン酸ステアリルの2大有効成分が配合されている薬用ホワイトニングクリームです。

 

トラネキサム酸には、美白効果があり、副作用は比較的少なく危険性もないようですが、食欲不振、胸やけ、嘔吐、眠気など反応が出る場合もあるようです。

 

そして、傷や腫れ物、湿疹など異常のある部位以外だったら、顔以外に全身に使っても危険性はありません。

 

2013年に美白化粧品による白斑問題がありました。

 

その問題をきっかけに、「肌に本当に安全な有効成分のみを配合した美白化粧品を使いたい」という方達の願いを叶えるべく、アルバニアホワイトニングクリームが誕生しました。

 

皮膚科の専門クリニックから生まれた薬用ホワイトニングクリームなので、現在は人気で品薄状態だそうですよ。

 

アルバニアホワイトニングクリームの公式サイトで、予約販売をしていてお得に購入できるセットもあるので、ぜひチェックしてくださいね!

 

>>アルバニア(Albinia)の詳細はコチラ