トラネキサム酸 副作用

トラネキサム酸が肝斑にも効果が期待できるの?

アルバニアホワイトニングクリームにも配合されているトラネキサム酸は、シミやそばかすに効果的な薬用ホワイトニングクリームですが、肝斑にも効果が期待できるのでしょうか?

 

トラネキサム酸は肝斑にも効果が期待できるの?

 

肝斑とは?

 

「メラノサイト」という色素細胞が紫外線などの刺激を受けて、肌細胞を守ろうと周りの皮膚より活性化して、メラニン色素が過剰に生産されている状態です。

 

だから、その部分だけ色素沈着しているのです。

 

肝斑が現れる原因としてまだはっきりと分かってはいませんが、妊娠・経口避妊薬がきっかけだったり、更年期にピルを服用して現れることもあります。

 

閉経後は自然と治ることも多いそうですが、女性ホルモン(プロゲステロン)が影響していると言われています。

 

他に、顔を無意識に触る癖がある方やスキンケアで顔をゴシゴシ擦ったりする方も注意した方が良いですね。

 

トラネキサム酸で肝斑を治療

 

メラノサイトを刺激するのは、紫外線の他に数種類ありますが、それらをまとめてブロックできるのがトラネキサム酸なのです。

 

顔の皮膚は、筋肉も多くて、毛細血管が多く発達しているので、トラネキサム酸を摂取するのは血液に混じって効果を発揮する内服薬が適しています。

 

肌に刺激の少ないスキンケアをしながら、トラネキサム酸を内服し続けると、肝斑は2〜3ヶ月である程度軽くなることが多いようです。

 

しかし、短期間で肝斑が綺麗に完治はせず、一旦治ったと思っても、肝斑が再発することがよくあります。

 

肝斑は、「治す」より「うまくコントロールする」という性質です。

 

肝斑とシミは別物で、治療方法も違います。

 

普通のシミはレーザー治療をしますが、肝斑の上にあるシミに照射すると、肝斑を刺激することになり、シミが無くなっても肝斑はより濃く残ってしまいます。

 

なので、先に肝斑の治療をしてから、シミの治療をするというのが一般的な治療方法なのです。

 

まとめ

 

肝斑ができる要因のメラノサイトは、紫外線や物理的刺激、ホルモンバランスの乱れ等で刺激を受けて、肝斑が悪化してしまいます。

 

メラノサイトに刺激を与えないように予防を徹底することで、トラネキサム酸を内服薬として服用することで効果が発揮されます。

 

できるだけ刺激の要因を無くした環境作りを長い間続けることで、肝斑の反応をコントロールできるようになります。

 

このように長期的に肝斑を安定させると、トラネキサム酸は肝斑にも効果が期待できます。

 

アルバニアホワイトニングクリームは、シミ・くすみ専門のクリニックが安全に使えるように開発した薬用ホワイトニングクリームなので、安心して使用できます。

 

アルバニアホワイトニングクリームの公式サイトでは、正しい使用方法やお得な価格でアルバニアホワイトニングクリームが購入できる情報が詰まっています。

 

就寝前の15秒でお手入れができるアルバニアホワイトニングクリームをぜひお試しください。

 

>>アルバニア(Albinia)の詳細はコチラ